その他

価格交渉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

価格交渉は・・・

時間をかけて勉強しながら、相見積もりを複数社相見積もりを取っていく事に尽きると思いました。

まず昨今は、ネットでも各ハウスメーカーの見積書を(自分の土地と条件が違うので参考程度にしかなりませんが)見て勉強するくらいならできます。

※例えば MyHome DataBank 様( http://myhomedb.web.fc2.com/ )のブログでも各社の見積書を比較されてます。

もちろん実際住宅展示場へ行って、アンケートを書けば少し頑張れば、自分の土地に合った見積書が貰えます。

見積内容についての知識は、最初は無くても複数社への相見積もりの作業の中で自然と勉強も出来るでしょうし、

また見積もりを比較しながら本命のハウスメーカーの担当者に見積もりについて質問というジャブを打ち続ければ、少なくとも不当にぼったくられるリスクはなくなると同時に、自分も勉強になると思います。

で、その「見積書」入手なんですが、少し頑張る必要があって、各メーカー再三督促しても、見積書っぽいものの見積書で無い「資金計画書」とか「提案書」とか微妙な名前と内容の書類(金額を適当に割り振った明細が不明のまとめ書類)しか最初はくれません。その後、粘り強く要求すれば簡単に貰える「資金計画書」ではなくて本当の「見積書」が出てきます。

もちろんその見積書でも、メインの本(体)工事の躯体の部分はどのメーカーも単位が一式になってるブラックボックスでしたが(ここも強く粘ったのですが結局は僕の場合は出てきませんでした。)

それでも見積書まで手に入れれば、躯体そのものの値段は分らなくても内装、外装、工事、経費の内訳はなんとか確認出来ます。

ところが、鉄骨ユニット工法でのケースで言えば、同じ工法のセキスイハイム、大和ハウス、トヨタホームを比べて、「他社はこの項目やすいじゃないか!」と営業担当者に絡んでも、やれ「構造が違う」だとか、やれ「仕様が違う」とかで、値引き交渉でも専門用語を盾に煙に巻かれます。

確かに、ある意味「仕様が違う」もあながち嘘ではなくて各メーカーの見積比較は難解なのですが、紐解くと、実際、額の大きいところで言えば例えば外壁工事300~500万もメーカーによって本体工事の中で計上されてたり、本体とは別に計上されてたり、タイル費用が外壁工事に入ってたり左官工事に入ってたり…他にも高額設備、太陽光発電やエネファームなど本体工事に入ってたり現地工事に含まれてたり、各メーカーによって計上される項目が違うため、見比べてても非常に比較しにくいです。

また、一番興味のあった値引額についても印鑑をちらつかせながら、契約の1週間前くらいのハウスメーカーとの契約を本当に覚悟を決めたあたりでないと本当の値引き額は提示されません。

なので

なんとなく全体的な見積内容について、各メーカーの見積内容を比較して、各メーカー、色々な工法のだいたいの相場感を掴んで、ハウスメーカーを絞って、

僕の場合ではトヨタホームなんですが、

そして内心トヨタホームに心を決めたあたりから、本格的に値引きを見据えた価格交渉をスタートしました。

その方法は僕は同じトヨタホームの販売店同士を競合させました。

トヨタホームの場合はトヨタホーム㈱が住宅を作って、販売店であるトヨタホーム愛知㈱とかトヨタホーム名古屋㈱がトヨタホーム㈱の作った住宅を売ってます。

そのため、トヨタホーム㈱が作った完全に同一仕様の住宅について販売店複数社で競合相見積もりが取れます。

僕の場合はトヨタすまいるライフ㈱とトヨタホーム愛知㈱で、値引き額を競ってもらいました。

ところが興味深い事に、全く同一仕様のトヨタホーム㈱の住宅を見積もってるのに、販売店が違うと、見積書の様式が全く違います。

トヨタすまいるライフ㈱とトヨタホーム愛知㈱ではトヨタホーム愛知㈱の方がパット見、マイナスの金額値引き額が多かったのですが、トヨタホーム愛知㈱ではそもそもの本体価格にトヨタすまいるライフ㈱には無い管理費が含まれてたり、

値引額以前に両社見積明細の金額の振り分け方、計算方法が違うので、そういうのを頑張って換算して、見積明細の項目を揃えて金額を比較する必要がありました。

で複雑な見積書の項目の諸々差異を補正後の額で比較してみても、最終的に¥100万以上の値差は出てましたので、相見積もりはやってみるのを是非お勧めします。

最終的にそれぞれ引出せた値引きは

トヨタホーム愛知㈱ 約△5,400,000円

本体価格△18.89%
税込総額△14.92%

トヨタすまいるライフ㈱ 約△4,200,000円

本体価格△14.34%
税込総額△11.92%

ネットでもハウスメーカーの値引きは通常、本体工事△5%~10%で、コネ等をフル活用して頑張った場合の値引上限の目安は、本体価格△20%、
総工事費△15%と出てましたので、「まあまあ」頑張れたと思います。

と言っても「まあまあ」というのは謙遜で、

トヨタホームに絞る前のハウスメーカー複数社とのユル~イ価格交渉でも某ハウスメーカーの方は、値引額を貰うだけ貰って、契約お断りしたら、人格が変わったように激怒されたました。…なんて事も乗り越えた上での決着なので

真剣にネチネチやる販売店2社との値引交渉でここまで値引きを引き出すのは結構大変でした。

「かなり」頑張った方だと自負してます。多分ハウスメーカーの値引上限まで粘れたと思います。

(これより値引けたよッって方は是非ご意見いただければw)

また、金額が決着してからも、金額以外にも判子を押印する直前までゴネて、

展示場のモデルルームにポスターが貼ってあった指定モデル購入の場合の特典「4K60インチTVプレゼント」などこまごまを全く適用条件を満たしてませんが、おまけにつけて貰いました。

価格交渉は判子を持ちながら契約直前にするのが一番効果的だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 間取り
  2. 積水ハウスCM 積水ハウスCM「人生になる家」 篇30秒 他
  3. トヨタホーム愛知と契約
  4. トヨタホームCM「自己PR」篇60秒
  5. トヨタホームCM「笑え、家族。/なんか結局」篇15秒 他
  6. 確定申告
  7. エネファーム
  8. 生産見学会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

facebookでフォロー

スポンサーリンク

日本ブログ村

スポンサーリンク




人気ブログ

エントリー済ランキング

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
PAGE TOP