インテリア

階段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

階段の設計は奥が深すぎて、色々面白かったのです。

家の設計は1階と2階の結合部分まず階段位置から決めていきます。

直線階段の方が階段の面積が小さく、螺旋階段の方が階段の面積が大きくなるために、反比例して部屋の面積は直線階段の方が大きく確保できます。

そして、この階段が決まらないと設計が長引くし、階段位置が変更になると間取りが全部やり直しとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 絵画
  2. 玄関ポーチ
  3. キッチン
  4. タキソウ家具製ソファー ソファー
  5. ローテーブル、リビングテーブル ローテーブル
  6. 勝手口
  7. キャビネット(飾り棚) キャビネット
  8. 寝室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

facebookでフォロー

スポンサーリンク

日本ブログ村

スポンサーリンク




人気ブログ

エントリー済ランキング

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
PAGE TOP